Author: via.

via,Music / Articles posted by via. (Page 2)

最近してたこといろいろ

また、最近していたことをいろいろ書いてみます。 最近、注目している作曲家さんは、織田哲郎さんと田中秀和さんです。 織田さんは、メロディーラインが頭いくつも出ていて誰だろ...

Under The Sea

Mazwai.comから映像をお借りしてBGMをつけてみました。 ハワイの海と海で表現をする人たちのドキュメンタリー風BGMです。 人らしさを出すためにコーラスを絶対に最初に入れると決めて制作しました。 ハワイの浅瀬なので音は全体的に少し光を帯びた感じに。 ハイハットはフィルターをかけて海から時々顔を出して息継ぎをしているような感じに。 ドラムは少し温かみのあるパーカッションに近いような皮の音を選びました。 海の写真を探していた時に最初に出てきた写真。 https://unsplash.com/photos/fDJo6e_bh_s ...

J-POP弦アレンジRe2 (by MuseScore)

歌ものの弦アレンジ by MuseScore 最近、勉強用にやった歌ものの弦アレンジです。 著作権の関係上メロディーは抜いています。 ※ MuseScore : 楽譜制作ソフト上で再生される音源です。 実際の楽曲で制作するものとは異なります。...

たまには近況(でも音楽の話ばかり)

たまには近況です。   ● なかなか良い声質の人がいたので、歌を歌ってもらいました。 本来はずっとお任せばかりだったので、 初めて細かいお願いをしてしまいました。 声の質感が一番大切だと思ってます。 技術も必要なんですが、それはもっともっと後ろの方でいいかなって。 ● BFD3が2017年3月2日にアップデートが出ました! お困りの方、たくさんいるみたいなので、アップデートしてみてください。 今度は問題なくインストールすることができました。 https://www.fxpansion.com/products/bfd3/   ● 最近、コードの中で一番好きなコードはと聞かれたら、 m6って答えられるぐらいm6が良いなぁと思います。 その次がsus2です。でもなかなか使う機会がありません。 逆にあまり好きじゃないコードはM6かもしれません。 メロディーが6の音を含んでいるので、 このコードしかなかったという感じなんですよね。 そんなM6も分散させて跳ねた時は良いですね。 同じ6の部類なのに、メジャーかマイナーかというだけで 音が全然違うので面白いです。   ● Modulation Max Regerの転調の本。 全ての調から全ての調に転調するアイディアが集められた本です。 どんな調にでも行ける安心感。 転調について書かれている本ってあまりないので、ずっと読みたかったです。 ● Pop Music Special Chord Progressions ポップスのコード分析本。 海外の曲だけでなく、日本の曲も入っていて、 日本の音楽がこんなところで健闘していることに少し感動しました。 マイケル・ジャクソンの楽曲もあったのですが、 ミュージカルや旧クラシックのように 同じフレーズで転調していくので、 この年代ってこんなサウンドだったんだ!?と言っていたら、 80年代はネバーエンディングストーリーですよ!と教えてもらいました。 そんな時代だったんですね。 後、ドラムがラテンの影響を受けている感じの リズム感なので、嬉しかったです。 あからさまなラテン感じゃなくて、ひっそりラテン感だと思います。 いろいろ聞いた結果、ラテン音楽のリズム感が 一番好きなんですよね〜リズムはラテンに行き着くよね( ̄A ̄*)ゞ ● ハンス・ジマーのマスタークラスの授業が オンラインで開かれていることは知っていましたが、 ここ数日、私のYoutubeに毎回ハンスジマーの広告が出てくるように なったんですよねっΣ( ̄A ̄lll) バットマンやダークナイトのテーマと共に、 受けろ〜受けろ〜って声が聞こえる気がしてならないです。 どうぞっ!(また出てこない?) 映画音楽に携わっている人の動画レッスンを日本にいながら たった90$で受けられるとか、時代は恐ろしいです。 ほとんど無料みたいな状態ですよね。 現地では技術はオープンに公開し合っているそうなので、 それが全世界へわかり易い形で届き始めているのですね。 世界中の才能がある人に届くと良いですね。 日本では、最近はYamaha主催の音楽制作番組 Sound rosterがかなり良かったです。 プロジェクトファイル全部開いて見せてくれている人もいましたし、 プロの技をかなり見られると思います。 https://freshlive.tv/ymjsoundroster...